※ 記事内の写真・画像・イラスト等は、クリックすると拡大表示します。

Polo GTIインプレッション(高速道路編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
今回は、西湘バイパス・小田原-厚木道路・東名高速の厚木-横浜町田区間という短めの高速インプレッションです。

最初に感じたのは、直進安定性の高さです。ハンドルが重めなのもあるかも知れませんが、車体の小ささからは想像できないくらいドッシリ感があります。そして乗り心地も良いです。スピード感は比較的感じる方だと思います。

残念なのは、排気音がこもって耳障りなピークが2500rpm位にある事です。7速で約120km/hです。排気音自体はワインディングなど抑揚がある時は気持ち良いのですが、このボリュームで単調な音を聴き続けるのは、チョット辛いかもしれません。2000rpm位や逆に3000rpm位になるとあまり耳障りでは無くなります。

高速用の装備としては、Poloの日本仕様にはクルーズコントロールもスピードリミッターも付いていません。クルコンは本国用パーツを取り寄せて装着可能です(今週末に装着予定)が、リミッターは本国にもありません。私は308CCではリミッターを常用していたので、スピードの出し過ぎには気を付けないといけません。メーター中央のMFI (Multi Function Indicator) に任意の速度で速度警告を出せるのと、MFIを大きな文字のデジタルスピードメーター表示に出来るので、これで何とか免許を守ろうと思います。(笑)
[PR]

by volkswagen_polo | 2012-01-12 22:50 | インプレッション | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://vwpolo.exblog.jp/tb/14403377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< プロジェクトの打ち上げです。 本日のお土産です。 >>


フォルクスワーゲン ポロ GTI ドライブ日記
Copyright(C) 2011-2018 Ryujiro Nakagawa

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。