※ 記事内の写真・画像・イラスト等は、クリックすると拡大表示します。

カテゴリ:インプレッション( 37 )

 

NAVIのGPSログ機能

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
旅レコのインプレッションで、「カーナビにこの機能を装備して欲しい」なんて書きましたが、実はディーラーオプションの720/311SDCWには付いてました。(笑)

カーナビからSDメモリーに履歴を書き出して、クラリオンが提供するチズルとススムというサイトで読み込ませると、下にあるような地図が簡単に出来ます。難点は本体の記憶容量が3000ヶ所しかない事。デフォルトの200m間隔だと600kmしか保存できません。まぁ、1日で600kmを超える事はあまりないので毎日SDカードに書き出せば良いわけですが、ちょっと面倒ではあります。

ちなみに、チズルとススムはPCで作ったドライブ計画やスポット情報をNAVIに転送したり出来るようなので、使いこなすと意外と便利かも知れません。
a0229491_20379100.jpg
前回の高原ツーリング2日目のログがNAVI本体に残っていました。

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-08-12 20:41 | インプレッション | Trackback | Comments(0)  

Polo GTIインプレッション(リモコンキー編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
Poloのイグニッションスイッチは、イマドキ鍵を差し込んで捻るタイプです。でも、負け惜しみではなく、この方がエンジン掛ける感があって良いと思います。あと、以前にも書いたと思いますが、電子照合のみでドアが開いてエンジンが掛かるというのは、セキュリティー面でとても不安があります。(考え方が古い?)

キーに付いているリモコンボタンは3つで、施錠・解錠・トランクのみ解錠です。リモコンの電波はかなり遠くまで飛ぶので、サービスエリアやショッピングモールの駐車場で自分のクルマを探す時には便利です。最近のプジョーは日本の電波法の制限らしく、ほぼクルマの真横に立たないとリモコンが効かないのですが、VW車は最新の車種でも問題無いようです。ドイツとフランスで電波の規格が違うのでしょうか?

施錠ボタンを押し続けると窓とサンルーフが閉まり、解錠ボタンを押し続けると窓が開いてサンフールがチルトアップします。炎天下で駐車していた時などは、リモコンで窓を開けてエンジンを掛けられるので、便利です。これも、センターコンソールにスタートボタンがあるようなクルマでは出来ない事ですね。
a0229491_22321933.jpg

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-06-13 22:36 | インプレッション | Trackback | Comments(2)  

旅レコ(GPSLOG)インプレッション

今回の東北ツーリングではI-O DATAの旅レコというGPSロガーを使ってみました。

GPSロガーを購入した目的は、ツーリングレポートの地図を簡単に書きたいという事でした。コレに関しては、目的は100%達成されました。GPSの精度も、ショルダーバッグにぶら下げて助手席に置いておくだけで位置の取得は問題無く、殆どの測定ポイントが道路上にしっかり乗っていました。ただ、私のPoloは天井が電波を通す仕様なので、普通の屋根のクルマだとダッシュボード等に置いた方が良いかも知れません。本体に記録できる件数は104,728件なので、デフォルトの100m毎の記録でも1万km分の行程が保存できます。

その他の機能、というかこの製品の本来の目的は、デジカメ等で撮った写真の位置を地図上で表示する事です。ツーリング中に撮った写真が『コレ、何処で撮ったっけ?』というこは良くあったのですが、これで解決です。ただ、おまけで付いてくるソフトはお世辞にも良い出来とは言えず、慣れるまではかなりストレスが溜まりました。

あとは、何時に何処を通過したのか判るのも便利ですし、標高が判るのも新たな発見があって面白いです。標高の精度は、最高地点が1622mと言われている磐梯吾妻スカイラインで1626mの記録があり、海岸線ではプラス・マイナス10mくらいに収まっています。

電源は単三電池1本で10時間使用可能というスペックですが、EVOLTAを使った事もあり、1日の途中で切れるような事はありませんでした。

という訳で満足度はかなり高いですが、出来ればカーナビにこの機能を装備して欲しいです。
a0229491_2021223.jpg
付属ソフト『旅レコプレーヤー』の画面の一部

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-05-29 20:24 | インプレッション | Trackback | Comments(2)  

Polo GTIインプレッション(右ハンドル化編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
プジョーでは、必ずと言っていいほど右ハンドル化が問題になります。主なポイントは以下のモノがあります。
ワイパー (左ハンドル車のまま)
グローブボックス (ヒューズボックスで容量が半分)
ATセレクター (左ハンドル車のまま)
・サイドブレーキ (左ハンドル車のまま)
フットレスト (右ハンドル車には付いてない)
・ボンネットオープナー (助手席側に有る)

その点VWは、日本で一番売れてる外車メーカーだけあって、右ハンドル化はバッチリです。

特にビックリするのはDSGのシフトレバーです。ポジションの位置表示(P,R,N,D,Sなど)が運転席側に有るのは当然として、マニュアルモードのレバーを倒す方向まで左ハンドルと右ハンドルで逆になっています。最初は、マニュアルモードが左(助手席側)だったのでさすがのVWもソコまでやらないか...と思ったのですが、左ハンドル車ではマニュアルモードは右(助手席側)に倒すことを発見。つまり、右ハンドル対応をソコまでやっている訳です。(まぁ、マニュアルモードが何で助手席側なんだよ?という疑問はありますが...。)

ちなみに、ウインカーとワイパーのレバーが日本車と逆なのはISOの規格で決まっている事なので、メーカーの手抜きでは有りません。
a0229491_015253.jpg
photo by Volkswagen AG

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-04-17 21:42 | インプレッション | Trackback | Comments(4)  

Polo GTIインプレッション(MFI編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
Poloにはメーター中央にMFI (Multi Function Indicator)が付いています。TSI系とGTIでは機能が違うのですが、ここではGTIについて書きます。

MFIはワイパーレバーの先端と下側のボタンを使って操作しますが、とても使い辛いです。私は国内非純正オプションのステアリングスイッチを付けているので問題ありませんが...。

通常は、一番上に時計とシフトポジション表示、中央に各種表示(カスタマイズ可能)、下の方に外気温、一番下にオドメーターとトリップメーターが表示されます。

平均燃費や走行距離のメモリーが2系統ありますが、1系統は2時間くらいイグニッションOFFの状態が続くと勝手にリセットされます。これは超不便。何のためにこんなおせっかいをするのか、理解不能です。それから、平均燃費・走行距離・平均速度が同時に表示できないのも不便ですし、なんとなく表示が間が抜けています。これだけ面積があるのだから、プジョーのように同時に表示して欲しいです。
a0229491_019358.jpg


その他の細かい機能は...
[PR]

by volkswagen_polo | 2012-04-08 20:20 | インプレッション | Trackback | Comments(8)  

Polo GTIインプレッション(便利装備編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
Poloの日本仕様には、ビックリするくらい便利装備が付いていません

前に乗っていた308CCは便利装備&豪華装備がテンコ盛りだったので、その落差たるや大変なものです。下記は、308CCでは標準装備(ステアリングリモコンを除く)だったのに、Polo GTIではオプションですら選べない(パノラマスライディングルーフモデルの場合)リストです。

・本革ダッシュボード
・本革シート
・運転席ポジションメモリー機能付きフロント電動シート
・後席イージーアクセス
・前席シートヒーター
・前席ネックウォーマー
・左右独立調整式エアコン
・収納ボックス付きフロントセンターアームレスト
・リアセンターアームレスト
・リモコンキー連動ロック付きグローブボックス
・グローブボックス内照明
・ウェルカムライト
・ドアカーテシーランプ
・フロアイルミネーション
・ステアリング連動ディレクショナルヘッドライト
・フォローミーホーム機能付きオートライト
・雨滴感知式オートワイパー
・車速感応オートドアロック
・盗難防止アラーム
・フロント/バックソナー
・ドアロック連動格納&ポジションメモリー&リバースギア連動チルト機能付きドアミラー
・自動防眩ルームミラー
・スピードリミッター機能付きクルーズコントロール
・ステアリングリモコン (ナビとセットオプション)

まぁ、無くて困るか?というとそうでもないモノが多いのですが、ミドルクラスからのダウンサイズ需要を狙うなら、もう少し考えた方が良さそうな気もします。
[PR]

by volkswagen_polo | 2012-04-04 21:17 | インプレッション | Trackback | Comments(0)  

Polo GTIインプレッション(長距離編・追記)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
京都1泊旅行での感想です。
行きは横浜町田IC→東名→伊勢湾岸→東名阪→新名神→名神→京都東ICで424km、帰りは木之本IC→北陸→名神→東名→横浜町田ICで409kmを走りました。

排気音が落ち着いてきたのか、人間が慣れただけなのか判りませんが、前回のインプレッションほど排気音は気にならなくなってきました。行きは、こもり音のピーク辺りを常用しましたが、ストレスを感じる程ではありませんでした。

帰りは、クルマの流れに乗って80km/h~100km/h程度で巡航しましたが、この速度域だとホントに楽チンで全くストレスフリー。何百kmでも走れそうです。燃費も、滋賀県の木之本ICでリセットして足柄SAでMFIを見ると18.2km/Lと良好でした。

国内非正規オプションのクルーズコントロールは、プジョーと較べるとスイッチが小さくて操作性はイマイチですが、燃費はこちらの方が良いみたいです。プジョーのは燃費が悪いので、あまり長時間クルコンを使う気にはなれませんでしたが、これなら問題ありません。
[PR]

by volkswagen_polo | 2012-03-31 23:04 | インプレッション | Trackback | Comments(0)  

Polo GTIインプレッション(ラゲージスペース編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
Poloのラゲージスペースは、プジョーで言うと206(ハッチバック)より広く、206SWより狭く、207よりチョイ広い感じです。308CCでいうと、屋根を開けた時より広く、屋根を閉めた時より狭いです。(一般の方には全然参考にならない比較ですね...。)

更に床下にもスペースがあるのですが、GTIではバッテリーとスペアタイヤなどが入っています。バッテリーをリアに積んでいるのは、重量配分を考慮しているそうです。とはいえ、スペアタイヤの周りなどに結構隙間はあるので、普段使わない小物を入れておくスペースは充分あります。純正の三角停止版をしまうスペースも確保されています。

サイドにポケット等が無いのはちょっと不便ですが、純正のラゲージネットにはポケットが付いているので、洗車用の拭きとりクロスなどを入れておけます。
a0229491_22304612.jpg

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-02-26 22:38 | インプレッション | Trackback | Comments(0)  

Polo GTIインプレッション(テールライト編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
実は私、テールライトフェチです。(笑)

206SW→307CC→308CCと、テールライトに特徴があるクルマを乗り継いで来ました。307CCなどは、クルマの魅力の半分はテールライトだったといっても過言ではありません。

Poloのデザインは内外装共に特に際立った部分は少ないのですが、テールライトだけはかなりカッコ良いと思います。(ボディーサイドのプレスラインやフェンダーアーチの処理なども良く見ると素晴らしいデザインなのですが、良く見ないと解らないので...)

最近では猫も杓子もLEDテールライトで食傷気味ですが、Poloは電球でこのデザインというのが逆に新鮮です。写真では判り辛いのですが、実物を見るとかなり立体的な造形になっています。そして、遠くからでも一目でPoloと認識できます。ただ、ブレーキライトはもう少し工夫が欲しかった気もします。

バックランプは欧州小型車にありがちな片方のみ(反対側はリアフォグ)で、右の方はかなり暗いです。暗い場所でバックする時は、リアフォグを点けたりしてます。
a0229491_20533468.jpg

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-02-22 20:55 | インプレッション | Trackback | Comments(0)  

Polo GTIインプレッション(操作編)

※この記事は、旧型Polo GTI(6R MY12)について記載したものです。
PoloというかVW車の操作系は、プジョーとは全然違います。キーを捻ってエンジンをかけるところとウインカーは同じですが、その他は全く違います。ちなみに、窃盗技術(?)が進歩した今日では物理的な制限なしに電子鍵だけでエンジンがかかってしまうのは不安なので、個人的にはキーを捻る方が好きです。

まず違うのが、シフトレバー。プジョーはジグザグのゲート式ですが、VWはボタン式です。慣れの問題も大きいとは思いますが、私はプジョー方式が好きです。Poloでは、ドライブモードにする時に、間違ってスポーツモードまで入ってしまう事が多いです。マニュアルモードが手前でシフトダウンなのは一緒です。最近、某クルマ好き芸能人の影響か手前アップが良いという人が増えている気がしますが、私は断然手前ダウンが自然だと思います。まぁ、GTIにはパドルシフトがあるので、使いませんけどね...。

ワイパーの操作は、プジョーはリアワイパーはダイヤル式(ワイパーレバーを軸方向に捻る)でしたが、VWはレバーを奥に倒すとリアワイパーが動きます。これだと、何かの拍子でレバーが奥に押されていて気が付いたらワイパーが動いてたなんて事があって、やっぱり不便です。

最後はライトのスイッチ。プジョーは手前にチョット引くとパッシング、強くひくとカチッといってハイビームになります。一旦ライトを消すと、ハイビームは解除されます。VWは手前がパッシング、奥に倒すとハイビームです。当然、奥に倒れたままだとライトを付けた瞬間からハイビームになってしまい、迷惑です。

そして極めつけは、ダッシュボード右下のダイヤルでライトのON/OFFをすることです。何ですかコレ? 運転姿勢のままでは手が届かないんですけど??? ドイツ車は大抵この方式のようですが、文化の違でしょうか? ドイツにはトンネルとか無いんですかね? 100歩譲ってオートライトが付いていればコレでも良いのですが、日本仕様のPoloにはオプションでもオートライトの設定がありません。

という訳で、非純正ですがオートライトを付けちゃいました
a0229491_21114171.jpg

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-02-19 21:12 | インプレッション | Trackback | Comments(0)  


フォルクスワーゲン ポロ GTI ドライブ日記
Copyright(C) 2011-2017 Ryujiro Nakagawa

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。