※ 記事内の写真・画像・イラスト等は、クリックすると拡大表示します。

カテゴリ:ドライブ・旅行( 143 )

 

東北・北陸ツーリング(7日目)

7日目も、ホテルで朝食を済ませて、9時頃に出発。まずは、蔵王エコーラインと蔵王ハイラインでお釜を目指します。今年はどこも雪解けが早いようで、例年なら雪の回廊を通れるのですが、今年は一部しか残っていませんでした。しかもこの日はとんでもない強風で、お釜付近は手すりにつかまっていないと立ってられないくらいでした。

その後は宮城側に降りて昼飯は蔵王酪農センターのチーズ料理屋さんにしようと思いましたが大行列(今回、こんなのばっかり)。しかたなく白石まで降りましたが頭の中がコッテリ系になっていたので温麺という気分でもなく、そのまま国道113号線で山形県に戻ります。こうなったら米沢牛まで我慢しようと思いましたが途中で折れて、適当な道の駅米沢牛コロッケ2枚乗せカレーを食べちゃいました。

腹いっぱいなので米沢は素通りして、国道121号線で喜多方へ向かいます。折角なので喜多方ラーメンも軽く行っとくかと思って道の駅に立ち寄ると、ラーメンバーガーなるものがあり食べてみましたが、大失敗。コレはやめといた方が良いと思います。

最後は、(たぶん)県道16号線を西に向かって国道49号線を下り、新潟市内のホテルチェックインしました。晩飯は、新潟市民のソウルフードらしいみかづきイタリアンにしました。焼きそばにナポリタンのようなソースをかけた食べ物ですが、新潟市民を敵に回したくないのでコメントは差し控えます。(笑) でも、新潟の街は素敵でしたよ。
a0229491_21203282.jpg
蔵王のお釜 (宮城県刈田郡蔵王町)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-16 21:39 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

東北・北陸ツーリング(6日目)

6日目は、ホテルの朝食は残念な対応だったのでパス。朝9時頃に出発して国道7号線を南下、朝食は途中の道の駅磯海苔そばとホタテ串を食べ、更に南下します。

昼飯は、酒田の有名ラーメン店に行こうと思いましたが大行列で断念。少し先の鶴岡には麦きりという名物があるらしいので、地元の有名店食べてみました。ちょっと細いざるうどんのようなものですが、うどんとは違う食感と素朴な味わいが良かったです。

鶴岡からは国道112号線で月山を越え、山形に向かいました。晩飯は、村山市の老舗蕎麦屋うす毛利(箱そば)とにしんの味噌煮付を食べました。古民家の大広間で食べる太めの蕎麦は、強いコシと香り高い蕎麦の風味が凄いです。

その後は国道13号線で山形に向かい、市内のホテルチェックインしました。
a0229491_21461822.jpg
月山と果樹園と菜の花 (山形県鶴岡市)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-15 21:56 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

東北・北陸ツーリング(5日目)

5日目も、ホテルで朝食とろろのっけ丼とリンゴたっぷりヨーグルトがナカナカ良かったです。

朝9時頃出発して国道280号線で北のはずれ♪龍飛崎を目指します。ゴールデンウィーク中央の旗日になりましたが交通量は極小で、階段国道の下に着いたころには、燃費は20km/Lに達しました。当然(?)階段は登らずにクルマで上がって、今回の旅のメインステージである龍泊ラインを南下します。この辺りは、本州屈指のドライブルートだと思います。

昼飯は十三湖のしじみラーメンにしようかと思いましたが大行列で断念。いか焼き村いか焼きを食べて、深浦のラーメン屋浜ラーメン(つるつるわかめ増量)を食べて、秋田の県境を越えると出現するババヘラを食べて、秋田市内のホテルにチェックインしました。ココは結構好きだったホテルチェーンなのですが、連休の混雑に対応できおらず、諸々残念な感じでした。

晩飯は、秋田でも屈指の有名ラーメン店中華そばとヤキメシのセットを食べました。
a0229491_22361171.jpg
龍泊ライン (青森県北津軽郡中泊)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-14 22:44 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

東北・北陸ツーリング(4日目)

4日目も、ホテルで朝食を済ませて、9時頃に出発。国道282号線で八幡平アスピーテラインを目指しまが、何故か開通時間が12時となっていて断念。そのまま国道で県境を越えて、弘前に行くことにしました。弘前城の桜は既に終わっていたので、クルマを降りずにスルー。国道102号線で十和田湖に行きましたが、メインイベントがふたつ連続NGでチョットブルーに...。

ちょっと遅い昼飯は、湖畔のレストランひめます塩焼定食を食べました。お値段もソコソコしますがボリュームも満点でまずまずでした。

その後は、奥入瀬渓流をサンルーフと窓を全開・エアコンとオーディオはOFFにしてゆっくり下ります。カレンダー上の平日ということもあってか交通量は少なく、後ろからクルマが来たら路肩に停めてやり過ごすというスタイルで、労せずして渓流を満喫することができました。

最後は八甲田を越えて青森に下り、市内のホテルチェックインしました。晩飯は市内の有名店煮干しラーメンを食べて、個人的には恒例のまちなかおんせんに浸かり、ホテルまでブラブラと歩いて帰りました。
a0229491_2195526.jpg
十和田湖畔 (秋田県鹿角郡小坂町)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-13 21:25 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

東北・北陸ツーリング(3日目)

3日目も、ホテルで朝食を済ませて、9時半頃に出発。国道45号線を東に向かいます。松島周辺は既に駐車場が一杯だったのでスルー。石巻の道の駅で休憩するつもりが金華サバの漬け丼なんていうヤバいメニューを見つけてしまったので、ちょっと早めの昼飯にしました。道の駅とは思えないハイクオリティで、この選択は大正解でした。

そして3年前にも来た南三陸さんさん商店街に行きました。前回は夕方だったのでお金を落とすことができませんでしたが、今回はクレープを食べたりお土産を買ったりできました。その後は気仙沼を抜けて陸前高田へ。4年前に見た何もない街は今もまだ何もなく、ただ盛り土によって地形は全く変わっていました。部外者がとやかく言うことではありませんが、自然の力の巨大さと同時に、人間の力の巨大さと怖さのようなものも感じました。

一本松茶屋のカフェ海鮮うどんを食べてから国道340号線で内陸に入り、遠野を経由して国道396号線で盛岡に向かい、市内のホテルチェックインしました。晩飯は、お約束のぴょんぴょん舎焼肉冷麺にしました。
a0229491_2235595.jpg
気仙川河口付近 (岩手県陸前高田市)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-12 22:42 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

東北・北陸ツーリング(2日目)

2日目は、ホテルで朝食を済ませて、9時頃に出発。国道288号線、国道349号線、国道115号線を乗り継いで、相馬市まで行きました。

昼飯は、水産会社が経営する食事処ホッキ三昧を食べました。名物のホッキ飯とホッキ貝のてんぷらと刺身のセットですが、コレは超お勧めです。

その後は、南相馬市まで南下してみました。南相馬市は、街の中心部が福島原発から約25kmの位置にあります。私は相馬から海沿いの県道74号線を通って東北電力グリーンパークの辺りまで行ってみましたが、道の両側には耕作を放棄された農地が延々と広がります。また、一部のエリアでは太陽光パネルの設置が進んでいました。この広大な面積のパネルを合わせても発電量は原発1基分にも満たないのかも知れませんが、そうでもせずにはいられないフクシマの人たちの想いがあるような気がしました。

帰りは国道9号線で仙台まで北上し、市内のホテルチェックインしました。半年以上の出張で仙台を食いつくした私が選択した晩飯はそばの神田かけそばです。仙台風の厚切り牛タンは今や都内や横浜でも食べられますし寿司とかはぶっちゃけ何処で食べても同じですが、神田のそばだけは仙台でしか食べられません。
a0229491_21215224.jpg
放棄された農地に咲く菜の花 (福島県南相馬市)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-11 21:33 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

東北・北陸ツーリング(1日目)

1日目は朝10時に自宅を出発し、首都高から常磐道に抜けて郡山を目指します。

ゴールデンウィークの初日なので大渋滞を予想していたのですが、なんと首都高は渋滞ゼロ。常磐道も三郷料金所の先で事故渋滞があった他は順調でした。これでは早く着き過ぎるので、水戸で高速を降りて国道118号線を北上します。こちらも大渋滞が予想されていましたが、渋滞なし。途中の袋田の滝でも一番近い駐車場に余裕で停められました。昼飯は、常陸大宮の道の駅常陸秋そばという地元ブランドの蕎麦を頂きましたが、まぁ普通の蕎麦でした。

その後も国道118号線を北上して、夕方には郡山市内のホテルチェックイン。寒くて雨も降っていたので晩飯はホテルの正面にあった適当な焼肉屋にしましたが、なかなか良かったです。
a0229491_20135079.jpg
袋田の滝 (茨城県久慈郡大子町)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-10 20:29 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(2)  

東北・北陸ツーリング(概要編)

今年のゴールデンウィークは、2日休めば10連休!という某航空会社のCMにそそのかされて(飛行機ではなくクルマで)9泊10日の旅をしてきました。

熊本・大分での震災が収束しない中ですが、東北も忘れてはいけないということで、まずは北を目指しました。とは言っても10日もあると東北6県だjけでは日程が余ってしまうので(あくまでも個人的見解です)、ついでに北陸まで足を延ばしてみました。

10日間の総走行距離は3,144km(うち高速は約560km)、平均燃費は17.5km/Lでした。
毎日の走行距離と平均燃費と宿泊地は下記の通りです。
 1日目:293km 16.6km/L 郡山
 2日目:214km 17.0km/L 仙台
 3日目:297km 15.8km/L 盛岡
 4日目:286km 16.3km/L 青森
 5日目:327km 18.4km/L 秋田
 6日目:263km 17.5km/L 山形
 7日目:298km 17.2km/L 新潟
 8日目:255km 18.6km/L 富山
 9日目:351km 17.2km/L 金沢
10日目:560km 19.3km/L 横浜(自宅)
a0229491_23351043.jpg
10日間の走行軌跡(赤いマークは宿泊地)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-05-09 22:49 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

奥下田温泉ツーリング

この三連休は、初日は地元のお父さんの会に(お父さんじゃないけど)参加して、後半の二日は奥下田の温泉に行ってきました。

行きは連休中日なので甘く見てましたが、各所で大渋滞が発生。東名は厚木の先から東京まで渋滞していたので、バイパス乗り継ぎコースを選択。こちらも、滅多に渋滞しない第三京浜から横浜新道までビッシリ詰っていて、横浜市内から抜けるのにナント2時間かかりました。その後も普段より混雑した東伊豆の海岸線を南下して、昼飯はすき家の牛丼で済ませて、目的地の下田には18時ごろに到着しました。

今回の宿は、下田セントラルホテルです。下田といっても少し山里に入った所で、海の近くとは違って少しトロッとした泉質です。この宿は初めて泊まりましたが、晩飯が微妙な以外は、部屋も風呂もサービスもとて良かったです。

翌日は、もう桜が咲いているかも?と南伊豆の海岸沿いをグルッと廻りましたが全然咲いてなくて、松崎町から県道15号で戻ってきて、国道414号線と伊豆スカイラインで帰ってきました。

2日間の走行距離は422km、平均燃費は14.2km/Lでした。
ユーザー無視のクラリオンがSmart Accessを一方的に終了した為、走行軌跡はありません。)
a0229491_2023295.jpg
愛逢岬 (静岡県賀茂郡南伊豆町)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-03-21 20:29 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(0)  

河津桜ツーリング

今年も、早咲きの河津桜を観に行きました。

初日は昼ごろに自宅を出発、東伊豆の海岸沿いは大渋滞が予想されるので、ターンパイク経由で全区間200円キャンペーン中の伊豆スカイラインを通って行きました。

今回の宿は、今井荘です。由緒ある旅館なのですが、泊るたびに駄目になっていく気がします。宿で晩飯を食べた後は、(お酒を飲んじゃったので)夜桜見学の無料バスツアーで、ライトアップを見てきました。

2日目は、混雑と花粉と駐車場代(笑)を回避するため、朝飯前にクルマで河津に行き、涅槃堂の駐車場に停めて川沿いを散策しました。涅槃堂の駐車場はいつの間にか有料になってましたが、早朝は係員が居ないので無料で停められました。

その後は、宿に戻って、朝飯を食べて、温泉に入って、11時にチェックアウト。大混雑の河津は素通りで伊豆半島を一周して、戸田からフェリーで清水に行きました。その後は、由比で桜えびを食べて、富士山をグルっと廻って道志みちで帰ってきました。

2日間の走行距離は460km、平均燃費は15.1km/Lでした。(走行軌跡はこちら
a0229491_23273819.jpg
豊泉橋からの河津川沿いの桜 (静岡県賀茂郡河津町)

[PR]

by volkswagen_polo | 2016-02-28 23:36 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(2)  


フォルクスワーゲン ポロ GTI ドライブ日記
Copyright(C) 2011-2016 Ryujiro Nakagawa

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。