※ 記事内の写真・画像・イラスト等は、クリックすると拡大表示します。

Polo GTI (6C) インプレッション(エアロ編)

新型Polo GTIではリアスポイラーに延長パーツが付いています。良く見ないと気付かないような控え目なものですが、しっかりとダウンフォースを稼ぐような形状になっています。さらに各部を良く見ると、これまた目立たないですが、小さなフロントリップスポイラーが付いていて、その張り出しがサイドスカートからリアディフューザーまで続いています。新型はエンジンのパワーアップで最高速が10km/h以上速くなっているのですが、その対策をしっかりとやっているようです。

国内のメーカーだと200km/h以上で効きますみたいなものを売ることはできないんでしょうけど、やはりアウトバーンの国のクルマはこういう部分が全く違いますね。こういった真面目な改良のおかげで、こんな見た目は普通のハッチバックが230km/hを超えるような速度域でも路面に吸い付くような走行安定性を出せるんでしょうね。(あくまでも想像です。w)
a0229491_2053767.jpg
新型Polo GTIのリップスポイラーとサイドスカート

[PR]

by volkswagen_polo | 2015-10-04 20:18 | インプレッション | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://vwpolo.exblog.jp/tb/21707824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by グリーンアローズ at 2015-10-05 07:19 x
さすがですね~。
230キロ超の想像の含みが気になりますが・・・(笑)
Commented by なかがわ at 2015-10-05 21:50 x
あくまでも想像ですよ。w

<< WRC Rallye de F... 本日までの総走行距離 >>


フォルクスワーゲン ポロ GTI ドライブ日記
Copyright(C) 2011-2017 Ryujiro Nakagawa

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。