※ 記事内の写真・画像・イラスト等は、クリックすると拡大表示します。

温泉はしごツーリング(2日目)

連休2日目は、草津から標高2,172メートルの渋峠を越えて飯山市に降りました。千曲川の河川敷には菜の花畑が広がっていました。そこから千曲川沿いを下って、新潟県に入ると千曲川は信濃川と名前を変えます。その後は十日町から南魚沼に抜けて魚沼の道の駅ゆのたにで魚沼産コシヒカリの開高めしを食べました。開高めしは作家の開高健さんが好んだ山菜入りの炒めご飯で、魚沼名物に仕立てようとしているみたいですが、別のモノにした方が...。(笑)

魚沼からは六十里越で会津に抜ける予定だったのですが、この時期でも冬季通行止めが続いていて断念。止むなく国道290号線で大周りして国道45号線で会津入りしました。

この日の宿は、会津の奥座敷と呼ばれる東山温泉のくつろぎ宿 新滝です。由緒ある温泉宿らしく、戊辰戦争で療養中の土方歳三が入ったと言われる温泉もあります。会津藩時代から使われているという貸切の岩風呂は薄暗くて怖かったです。私が泊まったのはシングルのベッドルームですが、渓流沿いの落ち着いた部屋でした。サービスも食事もとても良かったですが、駐車場が離れていてチェックアウト後の配車で30分くらい待たされたのが唯一残念でした。
a0229491_14565575.jpg
渋峠から草津白根山方面を望む (群馬県吾妻郡中之条町)

[PR]

by volkswagen_polo | 2015-05-09 19:02 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(3)  

トラックバックURL : http://vwpolo.exblog.jp/tb/21208785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ごつ at 2015-05-10 01:55 x
中川さんが十日町を通った前日に十日町の清津峡というところに行ってました。
あと一日ずらしてれば…
Commented by グリーンアローズ at 2015-05-10 09:55 x
冬季通行止め・・・大変でしたね~
自分も昔ノーマルタイヤのレンタカーで山を越えるルートを考えていたらまだまだ雪が多くて断念して遠回りしたことがあります。
雪国は侮れないですね~
Commented by なかがわ at 2015-05-10 12:09 x
清津峡なんて聞いた事も無かったですが、日本三大峡谷のひとつなんですね。

六十里越の通行止めは行く前に気付いたのでまだ良かったのですが、宿を決めた後だったのでちょっと行程が厳しかったです。この時期、除雪さえ終わっていれば大抵の道は日中はノーマルタイヤで行けますけどね。

<< 温泉はしごツーリング(3日目) 温泉はしごツーリング(1日目) >>


フォルクスワーゲン ポロ GTI ドライブ日記
Copyright(C) 2011-2017 Ryujiro Nakagawa

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。