※ 記事内の写真・画像・イラスト等は、クリックすると拡大表示します。

up! インプレッション

お世話になっているVWディーラーで、up!に試乗してきました。モチロン、買い替えるつもりなどありません。(笑) 試乗したのは、上級グレードのhigh up! の4ドアです。Poloにも標準装備ではないクルーズコントロールやシートヒーターが付いています。

まず見た目ですが、意外とデカイです。軽自動車みたいなイメージを持っていましたが、実物はあまり安っぽさは感じません。乗り込んでみても至って普通。Poloと較べても安っぽい感じはしません。とは言え、助手席のパワーウィンドウスイッチが運転席側に無かったり、スイッチが光らなかったり、後席の窓が変な開き方だったりと、至る所でコストダウンの影が感じられます。居住性やトランク容量は当然ミニマムですが、運転席は窮屈ではありません。

エンジンをかけると意外に静かです。多少振動はありますが、気になるレベルではありません。トランスミッションは、シングルクラッチの2ペダルMTであるASGです。セレクターレバーにパーキングポジションが無いので、説明を聞かないとどうすれば良いか判りません。ゼロ発進はDSGに慣れている私にはそれほど違和感はありませんが、2速以降の変速時はキビシイです。おそらく全ての試乗レポートに書かれていますが、変速時にクラッチを切った時の失速感が酷いです。自動変速モードで走る限り、この変速機に問題が無いと思う人は居ないと思います。プジョーのRMTなどは、コレに比べると素晴らしい出来栄えです。

ところがマニュアルモードにすると、なんだか凄く楽しいです。マニュアルモードでもシフトアップ時の失速感は変わらないのですが、シフトアップ時にアクセルを戻すとそれが無くなります。どうしてアクセルを戻すと失速感が無くなるのか原理が理解不能ですが、とにかくタイミングが上手く合うとシフトショックは殆ど無くなります。シフトダウンは、プジョーのように派手なブリッフィングはしませんが、全く問題なく行えます。

ハンドリングは、クルマが小さいこともありますが、とても軽快です。乗り心地も良いです。動力性能も、マニュアルモードで市街地を走る範囲では全く問題なく、むしろエンジンをブン回して走るのが楽しいです。

という訳で、このクルマはマニュアルモードがデフォルトと思えば、凄く楽しいです。残念なのは、タコメーターが小さすぎる事と、セレクターレバーの操作性が良くない事です。セレクターレバーは若干遠くて、また自動/マニュアルのモード切替がレバーを左に倒す(手を放すと戻る)方式なので、マニュアルモードで走っていてハンドルからレバーに手をかけた時に間違って自動変速モードに戻ってしまう事があります。

試乗した感じでは、up!を買うのはクルマを趣味として楽しめる人だけで、普通に国産コンパクトからの買い替えは殆ど無いような気がします。ASGの熟成に期待するしかありません。
a0229491_6214088.jpg
展示車のmove up!(2ドア)

[PR]

by volkswagen_polo | 2012-10-08 20:54 | インプレッション | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://vwpolo.exblog.jp/tb/16537517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gosyurin at 2012-10-08 22:59
トルコン式のATしか知らない人にはやっぱりダメな感じですか。ならちょっと難しいかなー。
価格は下手したら軽より安いので売れるかなーと思ってたんですが。
Commented by なかがわ at 2012-10-09 20:05 x
なんというか、変速ショックとも違うんですよね。クラッチを切る前アクセルを戻しちゃうみたいな、とにかく下手な運転なんです。(笑)

VWジャパンもアレはマズイと認識してるとは思うので、半年もすればプログラムがアップデートされるのではないでしょうか?

あと、コツをつかめば意外と何とかなるのかも知れません。私は、そこに至る前にマニュアルモードにしちゃいました。

<< 代車運行中です。 本日の衝動買いです。 >>


フォルクスワーゲン ポロ GTI ドライブ日記
Copyright(C) 2011-2017 Ryujiro Nakagawa

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。