※ 記事内の写真・画像・イラスト等は、クリックすると拡大表示します。

四国ツーリング(ランキング編)

まだまだ四国ネタで引っ張ります。(笑) 最後は、ジャンル別のベスト3をまとめてみました。

ロード編
第1位: 足摺サニーロード
私は到着が夕方だったのが残念でしたが、景色のよい海岸線を走る快適シーサイドラインです。日本の道100選にも選ばれています。
第2位: 南阿波サンライン
海岸沿いの断崖を走るワインディングロード。国道と並行していて生活車が来ない為、交通量も少なく走りを楽しめます。
第3位: 横浪黒潮ライン
幅の狭い横浪半島の尾根伝いに走ため、シーサイドラインでありスカイラインでもある快適ルートです。距離はちょっと短めです。

この他では、四万十川沿いの国道381号線や、鳴門スカイラインも良かったです。

グルメ編
第1位: かどや駅前本店鯛めし
いわゆる宇和島風の鯛めしで、タレと玉子に鯛の刺身を漬けこんで、ご飯にぶっかけて食べます。敢えて言えば、鯛がチョット少なめ。
第2位: 御食事処あしずり清水さば
タタキも美味しかったですが、やっぱり刺身がお薦め。入荷が無いと食べられない事もあるらしいので、その辺りは自己責任でお願いします。
第3位: 黒潮本陣かつおタタキ
わら焼きのタタキは香ばしくて最高でした。一緒に食べたかつお丼も美味しかったです。レストランからの眺めも最高です。
番外: ビーフランド大公淡路牛ステーキ
実は、今回の旅で一番おいしかったのはコレですが、お値段が他と一桁違ってフェアじゃないので、番外にしました。

この他では、焼き鳥居酒屋とりとりの阿波尾鶏や、おいでん家の郷土料理、うづ乃家の鯛丼も良かったです。

ホテル編
第1位: 道後温泉ふなや
創業なんと380余年の老舗旅館です。折角なのでチョット奮発して俳句ラウンジという特別室に泊まりましたが、お値段以上の超豪華な部屋でした。ただし高級マンションみたいな部屋なので、旅館らしさはありません。フロントの対応などは、さすがに素晴らしかったです。
第2位: 海のホテル島花
オーシャンビューの部屋でしたが、3階だったので眺めは微妙。部屋を含めてホテル自体はとても良かったです。宿泊者が無料で利用できる温泉施設も最高でした。でもこれ、何のチェックもないので、誰でも無料で入れるなぁ...。(笑)
第3位: ホテルベルリーフ大月
海岸の断崖に建つリゾートホテルです。ロフトとテラスがある3ベッドの部屋が朝食付きで4,800円というコストパフォーマンス。値段を見てチョット心配でしたが、とても綺麗で快適でした。虫が苦手な人はやめときましょう。

この他の日は、ビジネスホテルに宿泊しました。

酷道編(ワースト3)
第1位: 高知県道27号線の土佐清水市以布利地区
足摺岬の付け根部分で国道321号線から海岸沿いに走る道です。ギリギリ1車線しかなく、退避エリアも殆どありません。対向車が来たら1kmくらいバックする覚悟が必要です。というか、この道に入ってはいけません。県道348号線と合流後は普通に走れます。
第2位: 国道441号線
四万十川沿いに走る国道ですが、一部のエリアはかなり狭い道が残っています。四国名物の時間帯通行止めも体験できました。
第3位: 国道378号線
西予市三瓶町の海岸沿いを走る国道です。かなり狭い道が延々と続きますが、生活道路でもあるため交通量は結構あります。景色は抜群です。
[PR]

by volkswagen_polo | 2012-10-06 23:42 | ドライブ・旅行 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://vwpolo.exblog.jp/tb/16527270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 発音記号! at 2012-10-07 01:21 x
国道441号線懐かしい!!自転車だったので狭さは気になりませんでしたが・・・。
Commented by なかがわ at 2012-10-07 22:53 x
自転車で行ったのですか?!
でも、川沿いを下って行くのは気持ちよさそうですね。

<< 一麦七菜の七菜うどんです。 新型Golf GTI >>


フォルクスワーゲン ポロ GTI ドライブ日記
Copyright(C) 2011-2016 Ryujiro Nakagawa

当ブログは、なかがわ個人の責任において発信しています。掲載された記事・コメント等は、なかがわが所属する如何なる企業・団体とも一切関係がありません。